totop
※自粛期間中に〇キロ増量※おうち時間が増えたいまだからこそ始めるダイエット!

20.10.06

20.10.06

女性が痩せやす時期は?生理周期から考えるダイエット法

女性がダイエットをしようと思い立って行動に移したとき、体重の増減が激しかったり、なかなか痩せなかったり、かと思えば急に痩せたりと体の変化に驚くことがあるかもしれません。その原因は、ダイエットに大きな影響を与える生理周期というものです。

女性は生理周期により痩せやすい時期、痩せにくい時期があります。それを知らずに痩せにくいタイミングでダイエットを行うと思ったような効果が得られずダイエットを諦めてしまうこともあるので、きちんと生理周期を把握する必要があります。それを踏まえてダイエットの時期、方法を考えることで効果的にダイエットをすることができます。

今回は生理周期を把握し、それを考慮したダイエット方法と痩せやすい時期をご紹介します。ご自身の体調に合わせて、ダイエット方法を選んでみてください。

女性の痩せやすい時期はいつ?

女性が痩せやす時期は?生理周期から考えるダイエット法

女性には生理周期があり、高温期と低温期があります。この2つはそれぞれ痩せやすい時期、痩せにくい時期となっています。生理周期は、基礎体温をつけることで把握することができます。正確な基礎体温を知るためには起床時、朝の活動をする前に計るようにしましょう。

高温期

高温期とは排卵日から次の生理が開始されるまでの14日間のことをいいます。この14日間も半分に分けることができます。

・排卵日からの7日間

・次の生理の前の7日間

となっています。

高温期は一般的に痩せにくい時期となっており、ダイエットには向かないといわれています。高温期は体を休めたり、リラックスすることが大切です。また先述した通り体重が落ちにくい時期なので、ダイエット中は気にしすぎないことが大切です。

低温期

低温期とは、生理周期が28日の場合、生理開始の日から排卵日までの14日間のことをいいます。高温期と同じで低温期も2つに分けることができます。

・生理期間中

・生理が終わってから排卵日までの7日間

となっています。

低温期の中でも生理が終わってから排卵日までの間が痩せやすい時期といわれています。この時期にダイエットを進めることで、効果をより実感することができるでしょう。積極的に運動やトレーニングを取り入れ、体重をしっかりと落としていきましょう。

生理周期に合わせたダイエット方法

女性が痩せやす時期は?生理周期から考えるダイエット法

生理周期を把握したダイエット方法をご紹介します。痩せやすい時期、痩せにくい時期を見極めて計画的にダイエットをしていきましょう。

排卵日からの7日間

この期間はダイエット効果が出にくい時期となっています。この時期は一生懸命運動をしたりするよりも、リバウンドしないことや現状維持を目標にすることをおすすめします。頑張って運動をしても痩せにくいので、ストレスになってしまうこともあります。そのストレスで太ってしまったり、ダイエットを諦めてしまうこともあるので、余計なストレスを溜めないよう。無理な運動は取り入れず、気持ちのいい汗をかく程度の運動を行うようにしましょう。

次の生理の前の7日間

この期間は体内に水分や栄養を溜めようとするので、体がむくみがでやすいです。この期間は生理に向けてのリフレッシュ期間として、むくみの解消や体を休める期間にしましょう。この時期は体重が増えたりすることもありますが、周期の一つと捉えて、神経質にならないようにしてください。食事も普段より気を遣い、低糖質のものを選んだり、高タンパクのものを摂ることで、食事による体重の増加を防ぐことができます。

生理期間中

この期間は体重を減らすのではなく現状を維持することを目標とするのがいいでしょう。また、体が冷えやすくなっているので体を温めることを優先して、リラックスして過ごすのがおすすめです。体が冷えるので、マッサージなどで血行をよくしたり、入浴するなどして体調管理に努めることが大切です。生理期間中はPMSなどで体調不良を起こす人もいるので、体調を優先したほうがいいでしょう。

生理が終わって排卵日までの7日間

この期間が一番痩せやすくなっています。この期間にしっかり運動をすると、いつも以上に効果を得られやすいです。ジョギングなどの有酸素運動を取り入れ、脂肪を燃焼させたり、筋トレをすることで筋肉量も増えます。ダイエット、トレーニングには最適の期間となっています。食事は栄養バランスを考えて摂ることでダイエットの効果も出やすくなります。この期間にダイエットを行えるように、普段から計画を立て、体調を整えておく必要があります。

まとめ

女性の生理周期には「痩せやすい時期」「痩せにくい時期」があり、これを把握した上でダイエットすることが重要です。時期ごとに合わせたダイエットをすることで、ダイエット効果を十分に発揮することができます。体調に合わせてダイエットをすることで、心身ともに健康になることができるでしょう。

Edited by : パーソナルトレーナー ヨコチ

17年間トレーナーとして、のべ1万人以上のクライアントの「なりたい身体」作りをサポート。ヨガマット1枚分のスペースがあれば、いつでもどこでも効果的にトレーニングできる「速攻家式ボディメイク」を開発。

筋トレor有酸素運動|痩せるためにはどっちが大事?
筋トレor有酸素運動|痩せるためにはどっちが大事?

痩せるためには、運動が不可欠です。 運動には筋トレなどの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動がありますが、 […]

雑誌掲載「大人MUSE」「GLOW」
雑誌掲載「大人MUSE」「GLOW」

2020年11月末発売「大人MUSE」と12月末発売「GLOW」に、KUGIRIをご紹介を掲載いただきました。

お客様の声

43歳 男性 身長175cm 3ヶ月間で91kg → 76.5kg 体脂肪率25% → 17% 全く繋がりのな […]

ダイエット中でもモリモリ食べたい!おすすめヘルシーレシピ4つ
ダイエット中でもモリモリ食べたい!おすすめヘルシーレシピ4つ

みなさん、ダイエット中でもお腹いっぱい食べたい!と思うときってありませんか?思いっきり食べても、ダイエットに影 […]