totop
筋トレor有酸素運動|痩せるためにはどっちが大事?

20.10.21

20.10.21

筋トレor有酸素運動|痩せるためにはどっちが大事?

痩せるためには、運動が不可欠です。

運動には筋トレなどの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動がありますが、痩せるためにはどっちが大事なのでしょうか。

この記事では、筋トレなどの「無酸素運動」と「有酸素運動」それぞれの効果や種類、効果的に行う方法を解説するとともに、痩せるためにはどっちが大事なのかをお伝えしていきたいと思います。

筋トレなどの無酸素運動とは 

筋トレor有酸素運動|痩せるためにはどっちが大事?

無酸素運動と有酸素運動それぞれの効果や種類について解説します。

まずは、筋トレなどの無酸素運動についてです。

バーベルなどを持ち上げたり、短距離ダッシュなど、呼吸をほとんどしていない運動が特徴ですが、「無酸素」といっても、呼吸を止めているわけではありません。

酸素を使わずに糖質を分解し、エネルギーに変えることのできる運動のことをいいます。

無酸素運動の効果

無酸素運動の主な効果は以下の5つです。

・筋力UP

・瞬発力UP

・心肺機能UP

・代謝UP

・脂肪を燃焼しやすい体になる

筋肉で引き締まった体を作ると同時に、代謝を上げて痩せやすい体質へと変化させます。

体を動かしているのは「筋肉」です。

筋力をつけることにも、痩せることにも、筋肉は大切な役割をしています。

無酸素運動の種類

短距離ダッシュ、腕立て伏せや腹筋などの筋トレ、バーベルやダンベルなど器具を使うものがあり、瞬発的に行う運動が多いです。

無酸素運動を効果的に行うためには

無酸素運動は瞬発的な運きが多いので、慣れるまで運動後はひどく疲れてしまうことがあります。

無酸素運動は毎日欠かさず行うよりも、トレーニングした筋肉を回復させる時間を設けるために、週3日程度の頻度がおすすめです。

最初のうちは「10回×2~3セット」にするなど、無理のない回数から挑戦してみましょう。

(例)

・月曜日…胸と背中の筋トレ(各10回×2セット)

・木曜日…ももの筋トレ(各10回×2セット)

・土曜日…二の腕と腹筋の筋トレ(各10回×2セット)

スポーツジムに通っている場合はトレーニングマシンを使い、自宅で行う場合は腹筋や腕立て伏せ、ダンベルなど自宅でも使用しやすい器具を用いて行うといいでしょう。

有酸素運動とは 

筋トレor有酸素運動|痩せるためにはどっちが大事?

次は有酸素運動について解説いたします。

有酸素運動は、筋肉を動かすときエネルギーに酸素を使う運動を指します。無酸素運動とは異なり呼吸をしっかりとしながら、脂肪を燃やします。

「脂肪を燃やす」とは、痩せられそうな運動ですよね。

有酸素運動の効果

有酸素運動の主な効果は以下4つです。

・脂肪燃焼

・持久力UP

・心肺機能UP

・基礎代謝UP

いま蓄えている脂肪を燃焼して痩せたいという人に、有酸素運動は大切な運動といえます。

有酸素運動の種類

ウォーキング、軽いジョギング、水泳、サイクリングなどが挙げられます。

時間をかけて行う運動が多いのも特徴です。

有酸素運動を効果的に行うためには

有酸素運動は時間をかけて行う運動が多いため、「ややきつい」「息が少し上がる」程度の比較的軽い強度で行いましょう。無酸素運動とは異なり有酸素運動は毎日行っても大丈夫です。

ただし20分以上行うようにしましょう。

1回10分×2回と分けてもいいので、無理のない範囲で始めてみましょう。

(例)

・ウォーキング(各10分×3セット)

・水泳(1回20分)

・サイクリング(各15分×2セット)

公園や屋外で手軽にできる運動が多いので、チャレンジしやすい運動から始めてみてください。

「筋トレ」or「有酸素運動」痩せるためはどっちが大事? 

それぞれに異なる特徴をもつ運動だということが、いままでの解説でわかっていただけたかと思います。運動を始める目的にもよりますが、目的がダイエットであるなら結論は「どちらも大事」です。

前述のとおり、無酸素運動は、引き締まった体を作りながら、代謝を上げて体質から変化させ痩せやすい体を作ります。

並行して「脂肪燃焼」効果の高い有酸素運動を組み合わせることで、ダイエットの効果をより得やすくなります。

運動をするときは、無酸素運動→有酸素運動の順がおすすめです。

筋トレで筋肉を使い代謝が上がると、脂肪燃焼を促してくれるからです。

どちらも並行して継続的に行うことが、痩せるための近道です。

両方を組み合わせるサーキットトレーニングがおすすめ 

筋トレor有酸素運動|痩せるためにはどっちが大事?

無酸素運動と有酸素運動を効率よく行うには、「サーキットトレーニング」がおすすめです。

サーキットトレーニングは、無酸素運動と有酸素運動を交互に繰り返し行うトレーニング方法です。

短時間でしっかりと追い込むことができ、痩せたい部位を鍛えることが可能なんです。

KUGIRIではサーキットトレーニングを取り入れています。

短期間で結果を出すことはもちろん、根本から痩せやすい体作りを目指しています。

本気で痩せたいと考えている人は、KUGIRIのサーキットトレーニングをぜひ体験してみてくださいね。

まとめ

痩せるためには、運動が不可欠です。

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行うことで、痩せやすい体作りができます。

トレーニングの効果を短期間で実感できるサーキットトレーニングにもチャレンジしてみてください。

今回解説した無酸素運動と有酸素運動の効果や種類、効果的に行う方法を参考に、リバウンドしないダイエットを目指しましょう。

Edited by : パーソナルトレーナー ヨコチ

17年間トレーナーとして、のべ1万人以上のクライアントの「なりたい身体」作りをサポート。ヨガマット1枚分のスペースがあれば、いつでもどこでも効果的にトレーニングできる「速攻家式ボディメイク」を開発。

パーソナルトレーニングが向いている人と向いていない人の特徴
平成に流行ったダイエット法|無理なダイエットはリバウンドにつながる可能性大

美しさを追求する女性にとって、理想のボディラインを手に入れるというのは永遠のテーマですよね。 テレビや雑誌など […]

お客様の声

43歳 男性 身長175cm 3ヶ月間で91kg → 76.5kg 体脂肪率25% → 17% 全く繋がりのな […]

サーキットトレーニングとは?筋トレ効果をアップさせる方法
サーキットトレーニングとは?筋トレ効果をアップさせる方法

昨今、性別を問わず体を鍛えているという人が増えています。 痩身目的や美容効果だけではなく、健康維持のためにも、 […]

アフターバーン効果とは?メラメラ燃やす筋トレのコツ
アフターバーン効果とは?メラメラ燃やす筋トレのコツ

「コロナ太りを解消したい」「時間にゆとりがあるうちにボディメイクしたい」「夏までに余裕を持ってトレーニングした […]